特定の異性に好意を抱いてほしい時のメール戦略

特定の異性に好意を抱いてほしい場合は、どんな事を心掛ければいいでしょう。

 

 

例えば気になる異性とメールのやり取りがしたい、でも現実は用件のやり取りだけですぐに終わってしまう、そんな悩みは男女ともに尽きません。

 

女性なら返信が欲しくてつい長文&絵文字・顔文字たっぷりのメールを送ったのに素っ気ない文面の返事で意気消沈した経験をお持ちの方は多いでしょう。

 

もし意中の男性に好感を持ってほしいならメールの数は一日三、四通程度にします。少ないと感じるかもしれませんが、仲が深まっていけば自然とやり取りの回数も増えるのでここは我慢です。ただし出来るだけ毎日送るようにします。印象を薄れさせてはいけないからです。

 

メールの内容は薄すぎないこと、他愛もない内容でも読んでいて楽しいものにします。
疑問系は使い過ぎないように、話題を上手く盛り上げる時に使いましょう。

 

 

男性の場合は絵文字・顔文字の使い方は更に慎重にします。
適度に使えば親しみやすさをアピールできますがやり過ぎると女性はあまり良い印象は持ちません。
遊んでいるか、オタクかのどちらかと思われてしまいます。

 

 

彼女が振ってきた話題には興味がなくても素っ気なくせず、話を促してあげましょう。
愚痴には気遣いを、楽しい話題には一緒に乗ってあげる事が大切です。共感は親密さを出すのに重要なカギなのです。

 

 

気になる相手に自分とメールする時間が楽しいと感じさせる事ができたら恋愛へのワンステップはクリアです。

 

 

また男女に関わらずモテる人物には清潔感があります。

 

有りのまま着飾らないと言うと聞こえはいいですが、ただのズボラでみっともない身なりの人は恋愛感情に限らず好感は抱かれにくいものです。

 

例を挙げるとモテない女性は眉毛や口の周りの産毛を手入れしていなかったり、長い髪が傷んでボサボサだったりするとメイクをどんなに頑張っても良い印象は与えません。男性では鼻毛が外に出ていたりむさ苦しい髭の伸ばし方をしている、服がシワだらけだったり靴が汚いなどが挙げられます。この他にも白目が濁っていたり歯が煙草のヤニなどで汚い、肌が荒れているという人も生活習慣のだらしなさや不健康さを感じさせ異性の恋愛対象にはなりにくいものです。

 

髪や爪は定期的に切り、健康的な生活を送る様にしましょう。

 

身なりを清潔に整えるのは社会生活を営む上でのマナーであり異性にも好感を与えます。
そこから自分に一番似合うファッションや髪形などを探していきましょう。

 

 

自分を魅力的に演出することで気になる異性に自分をアピールでき、相手の恋愛対象に入る事ができます。